俊敏で凶暴な害獣の対策

いたち

日本の山には多くの動物が生息しています。最近では都市化が進み、山や森林が少なくなってきています。山で生息していた動物たちが街に下りてきて住宅街に定着することで、被害が出ています。イタチも山に住む動物ですが。近年は都市部や住宅街に出没するようになっています。オスとメスで大きさに違いがあり、猫よりも一回り小さい身体をしています。細長い体をしているのが特徴で、住居の天井裏などに巣を作ることがあります。日本には二種類のイタチがいます。ニホンイタチとチョウセンイタチです。もともとはニホンイタチしか日本には生息していませんでしたが、外来種であるチョウセンイタチの繁殖が確認されているので、今では二種類が多く生息していることがわかります。どちらも似たような生活環境で育っています。性格も似ていて、とても凶暴ということがわかっています。動作も機敏で、素早く行動するので捕獲することは容易ではありません。イタチを捕獲する際は、専用の罠などを使用しなければならないのです。水にも強くて、川などを泳ぐこともできます。川辺で多く目撃されることがあるので、水場を好んで生息しているのでしょう。繁殖時期は春なので、春から夏にかけて頻繁に目撃されています。住宅などに被害が出ているので害獣として認められています。しかし、メスは捕獲することが禁じられていますので、被害に遭っていて捕獲をしたいという場合は、専門業者に依頼をしなければなりません。凶暴化が止まらない害獣を正しく退治していきましょう。

様々な被害をもたらす

ワーカー

イタチは多くの被害をもたらす害獣です。住居に侵入して住処にしてしまうので、騒音被害や糞尿被害があとを絶ちません。捕獲するのは難しいことなので、専門の業者に依頼しましょう。

More Detail

嫌いな臭いで侵入を防ぐ

女性

イタチは臭いに敏感な動物なので、苦手な臭いを発するものを置いておくことで侵入を防ぐ対策ができます。侵入を許している場合は一度捕獲をしましょう。侵入経路を特定して塞ぐとともに、再発の防止で臭いがする製品を使うと有効的です。

More Detail

口コミで良い業者を探す

男性

業者によってサービスの質に差がでる場合があります。アフターサービスなどが充実している業者を探す方法はたくさんありますが、口コミを参考にすると簡単に見つけられるでしょう。

More Detail